仕事・勉強効率 UP

【ミニマリストの体験談】クレカとスマホのみ生活をして起きた悲劇

初めまして。

ミニマリスト歴3年のブロガー「サワシン」です。

今回は、ミニマリストの僕が財布を手放して、クレカとスマホだけで生活して起きた悲劇について解説していきたいと思います。

これから、ミニマリストを目指したい方や現在ミニマリストの方はぜひご覧ください。

ではいきましょう。

スポンサーリンク

結論は、スマホケースにクレカを入れると危険がある

手帳型のスマホケースのポケットにクレカを入れたことで2つのデメリットがありました。

それは、

  • クレカの紛失につながること
  • クレカの磁気不良につながること

です。

詳しく解説していきます。

クレカとスマホのみで生活するきっかけ

ミニマリストに関わらず、普段の持ち物を少なくしたい人は多いと思います。

僕のそのうちの一人でした。

外出時は、できるだけ荷物を減らしたいと考えた僕は、手帳型のスマホケースにクレジットカードを2枚だけ入れて生活するようにシフトしました。

最近では、ほとんどのお店でクレジットカード決済に対応しており、「paypay」や「LINEpay」も普及してきたので、現金を使う機会が減ったからです。

最初は何の問題もなかった

財布を手放し、クレカとスマホのみの生活を始めて1年間。

ほとんど不便することはありませんでした。

どうしても現金が必要な場合もありましたが、スマホケースのポケットに1万円を入れておくことで、もしもの場合に対応することもできましたからね。

外出時も、スマホケースをズボンのポケットに入れておけば、上着のポケットも空くのでとても快適で大満足でした。

そして起きた悲劇①

そんな生活を約1年続けたある日の出来事です。

お店で支払いをしようと思った時に、なんと2枚あったはずのクレカが1枚だけになっていました。

どこかに落としてしまったのです。

その時は、もう1枚のクレカで支払いを済ませて、クレカを探し回りましたが見つかりません。

急いで、カード会社に電話して、機能停止と再発行をお願いすることにしました。

落とした原因は、スマホケースのポケットにてクレカを繰り返し出し入れしたことで、

ポケットの幅がゆるゆるになってしまったことです。

きっと、スマホを反対に取り出した際に、落ちてしまったのでしょう。

クレジットカードを再発行する場合は、番号なども変わるので、クレジットカードの引き落とし設定をやり直す形になってしまいました。

また、無くしたことにすぐ気づいたからよかったものの、最悪な場合は、誰かに悪用される可能性もあります。

早く気づいて本当に良かった(*’▽’)

起きた悲劇②

それからしばらく時が過ぎ、また問題発生!

なんとお店の支払いでクレジットカードが使えないではありませんか!?

何度機械に差し込んでも「エラー」、「エラー」、「エラー」

何がおかしいのかわからず、もう一つのクレカで決済を試みました。

しかしそちらも「エラー」、「エラー」、「エラー」

仕方なくその際は、現金払いへと変更。

原因を調べるとクレジットカードの磁気不良でした。

クレジットカードの磁気は、スマホなどの電化製品の近くで保管することで、壊れやすいようです。

僕のクレジットカードもずっとスマホケースに入れていたので、磁気がおかしくなってしまったのでしょう。

またまた、再発行の手続きと支払い情報の変更手続きをすることに…

結構大変でした。

今回学んだ教養

今回の2つの悲劇を通して学んだことは、

  • 手帳型のスマホケースを選ぶ時は、スマホとカードが近づきすぎないスマホケースを購入する
  • ポケットが緩くなったらスマホケースを買い替える
  • もしくは、カードが落ちない手帳型のスマホケースを購入する

このことを意識することで、今回の悲劇を防げると思います。

何か起こるときは、必ず原因があるので、それをしっかり対策しておくことが大切ですね。

スポンサーリンク

まとめ

財布を持たない生活自体はとても快適でしたが、今回のようにデメリットもあるということが理解できたと思います。

今回のデメリットをうまく対策できれば、また財布を持たない生活をしてみたいと思います。

結局、保険証や免許証を持ち歩くならやはり財布もしくは、カードケースは合った方がいいなと感じました。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA