ブログ運営

【ブログ初心者必見!】ブログ運営に必須の無料プラグインの紹介!

ワードプレスでブログを始めたけど、プラグインって何?

ブログ運営に必須の無料プラグインについて教えてほしい

ブログ運営にオススメの無料プラグインがあれば教えてほしい

そんな人に向けて記事を書いています。

はじめまして。ブロガーのサワシンと申します。

始めてWordpress(ワードプレス)を使ってブログを始めるときに、誰もが迷うのが「プラグイン設定」です。

この記事では、

  • WordPressのプラグインについて
  • ブログ運営に必須の無料プラグイン
  • ブログ運営にオススメの無料プラグイン

について、解説していきたいと思います。

筆者の実績としては、ブログ歴は約1年ですが、Webライターとして多くの人のWordpressを編集した経験があります。

また、有名ブロガーが実際に使っているプラグインをかなり研究して選んだプラグインを紹介しています。

読んでおいて絶対に損はありませんので、ぜひご覧くださいね。

では、見ていきましょう!

スポンサーリンク

WordPressのプラグインって何?

「そもそもプラグインって何だ?」そんな人も多いでしょう。

プラグインとは、Wordpress(ワードプレス)の機能を拡張することができるプログラムです。

WordPress(ワードプレス)は、インストールしてそのままの状態だと使える機能が少ないのです。

そこで、プラグインを使うことでいろいろな機能を自分のWordpressに入れることができるのです。

ただし、何でもかんでも入れると不具合サイトが重くなる原因にもなるので注意が必要だったりします。

プラグインを入れすぎることで起こる悪影響

  • サイトが重くなる
  • プラグイン同士が干渉しあうことで不具合が起こる
  • セキュリティが弱くなる
  • ワードプレステーマが機能しなくなる

このようなリスクがあるのです。

なので、入れるプラグインはできるだけ少なくする必要があるんですよね。

WordPress 必須のプラグインは?

では、Wordpressに必須のプラグインにはどんなものがあるのでしょうか?

今回は、ほぼすべての人に必須のプラグイン5つと一部の人に必須のプラグイン1つ

合計6つのプラグインを紹介していきます。

Edit Author Slug

Edit Author Slug」は、あなたのワードプレス「ユーザー名」の漏洩防止ができるプラグインです。

ワードプレスのURLに「ユーザー名」が載ってしまうことを防ぐことができます。

「ユーザー名」がバレると、あとはパスワードを入力されてしまえば、不正ログイン・サイト乗っ取りをすることができてしまいます。

それを防ぐためにも、このプラグインを入れておくのがオススメです。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer」は、ワードプレスに投稿した画像のサイズを自動的に圧縮してくれるプラグインです。

画像のサイズを圧縮することで、サイトの表示速度が速くなり、ユーザーの離脱率を下げる効果があります。

少しでも多くの人に記事を読んでもらいたい方にオススメのプラグインです。

Google XML Sitemaps

「Google XML Sitemaps」は、記事の公開や更新時にサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

サイトマップがないと検索結果の反映に時間がかかってしまうので勿体ないですよね。

SEO対策をしっかりしたい人にオススメのプラグインです

WebSub/PubSubHubbub

WebSub/PubSubHubbub」は、サイト・記事のURLを検索エンジンに素早く認識させるプラグインです。

変な名前ですが、SEO対策には欠かせない重要なプラグインです。

WordPress Ping Optimizer

WordPress Ping Optimizer」は、「Ping」を記事公開時の1度だけにしてくれるプラグインです。

「Ping」とは、世界中のWebサイトの更新の情報を管理しているサーバーに更新情報を送ることです。

WordPressには、記事の投稿時や更新時に自動的にPingを送る機能が付いているのですが、このPingを送り過ぎると、その記事のURLがスパム扱いされてしまうのです。

スパム扱いされると、SEO的にも良くないと言われています。

それを防いでくれるのがこの「WordPress Ping Optimizer」というプラグインなのです。

All In One SEO Pack(テーマによっては不要)

All In One SEO Packは、ワードプレスにSEO関連の情報を入力できるようになるプラグインです。

SEO対策で、検索結果に表示させたい場合はこのプラグインを入れることをオススメします。

ただし、ワードプレステーマによっては、最初からこの機能が搭載されているので、必要がない人もいます。

僕も使っている「JIN」やワードプレス初心者によく使われている「cocoon」は、不要だと言われています。

WordPress オススメのプラグインとは?

次は絶対に必要とまではいきませんが、人によっては入れた方が良いオススメのプラグインを9つ紹介していきます。

全て無料で使えるので安心してくださいね。

Add Quick tag

Add Quick tag」は、HTMLコードを登録することができるプラグインで、登録したHTMLコードを1クリックで貼り付けることができます。

毎回のタグの入力時間やコピー&ペーストの時間を短縮したい方にオススメのプラグインです。

Advanced Editor Tools

Advanced Editor Tools」は、ブロックエディターとクラシックエディターに高機能なツールメニューを追加できるプラグインです。

ブログ記事に文字装飾や表を入れたい人にオススメのプラグインとなっております。

Adsence Integration WP QUADS

Adsence Integration WP QUADS」は、アドセンス広告を登録することができるプラグインで、登録したアドセンス広告をカンタンに記事に貼り付けることができます。

アドセンス広告の貼り付け時間を短縮したい人にオススメのプラグインです。

まだ、Googleアドセンスに合格していない方は、合格してから必要になります。

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)」は、スパムコメントやメールを自動で分別してくれるプラグインです。

スパムコメントで悩んでいる人にオススメです。

Classic Editor

Classic Editor」は、現在のエディター(ブロックエディター)から旧エディター(クラシックエディター)へ変更することができるプラグインです。

エディターは簡単に説明すると、記事作成の編集の画面のことです。

最新版のエディターを使用したい人は、不要なプラグインです。

Contact Form 7

Contact Form 7」は、かんたんにお問合せファームを作ることができるプラグインです。

しっかりとしたサイトを作りたい人は、このプラグインを使ってお問い合わせフォームを作っておきましょう。

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap」は、閲覧用のサイトマップを簡単に作成可能で、自動更新もしてくれるプラグインです。

サイトに訪問してくれたユーザーが、サイト全体の記事を確認するのに便利です。

Rich Table of Contents

Rich Table of Contents」は、記事内にオシャレな目次を自動生成してくれるプラグインです。

自分の記事に目次を表示したい人にオススメです。

ワードプレステーマによっては、最初から使える場合もあるので、その場合は不要です。

(「cocoon」を使っている人は、このプラグインが不要です。)

Site Guard WP Plugin

Site Guard WP Plugin」は、ワードプレスの管理画面・ログイン画面を不正アクセスから保護するプラグインです。

セキュリティを万全にしたい人にはおすすめですが、設定方法によっては自分自身もログインできなくなる可能性があります。

僕自身も、元彼女の家でワードプレスにログインできなくなり少し焦った経験があります。

注意が必要なプラグインなので、よく調べてから使うようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上がプラグインについての説明とオススメのプラグインについてでした。

いかがでしたか?

プラグインは、基本的にみんな同じものを使っています。

難しく考えずに一つ一つ機能を調べれば、自分に必要なものが分かってきますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

 

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA