自動車工場時代の経験談

【不安】自動車工場のライン作業ってきついの?【経験者がぶっちゃける】

「これから自動車工場で働きたいと思っているけど、ライン作業がきついって聞くから不安」

「自動車工場って給料が高いけど、めちゃくちゃきついんじゃないの?」

「実際に自動車工場でライン作業経験者の話を聞きたい」

こんな悩みを抱える人に向けてこの記事を書いています。

はじめまして。ブロガーのサワシンと言います。

僕は、6年間正社員として、大手自動車工場でライン作業を経験してきた元工場作業員です。

「工場のライン作業はきつそう」そんなイメージを持つ人が多いと思います。

また、「工場はきついからやめた方が良い」そんな意見も多いですよね。

今回は、2019年まで約6年間ライン作業をしてきた僕が、自動車工場のライン作業のきつさに加えて、メリットも解説していきます。

自動車工場のお仕事に興味がある方は、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

自動車工場のライン作業ってどんなことするの?

「自動車工場のライン作業にはどんなものがあるのか?」

そんな疑問もあると思うので、ライン作業の種類を紹介していきます。

  • 組み立て
  • ボルト締め付け
  • 機械の異常処置
  • 加工
  • プレス作業
  • 部品の運搬
  • 検査

大まかには、こんな感じです。

結構多いですよね?

次は、自動車工場のライン作業がきつい理由を紹介していきます。

自動車工場 ライン作業がきつい10個の理由

自動車工場のライン作業が、きついと言われる理由は様々です。

今回は、10個の理由を紹介していきます。

①足が痛い

自動車工場のライン作業は、立ち作業が多いです。

1日中ずっと立っていると、足が痛くなります。

1~3ヵ月で、足の痛みにはなれますが、最初のうちはきついと言えるしょう。

②ニオイがきつい

自動車工場は、油や機械の独特なニオイがします。

こちらも慣れれば平気ですが、最初のうちは気持ちが悪くなるかもしれません。

また、服にニオイが付くのを嫌がる人もいます。

③男性は出合いがない

自動車工場は、ほとんどが男性なので、出会いが少ないです。

社内で恋愛が少ないことから退屈に思う人も多いのです。

女性の方も、女性のみの部署に配属された場合は、出会いが少くなくなります。

仕事だから、出会いを求める場ではありませんが、他の職業の人に比べて、出会いが少ないのは悲しいですよね。

④単純作業に飽きる

自動車工場のライン作業は、基本的に単純作業の繰り返しになります。

毎日同じ作業をするのは、飽きるので、ストレスになる人も多いです。

部署によっては、一人で黙々と作業する仕事もあります。

これは、かなり寂しいですね。

妄想力がないと精神的におかしくなるのが、かなりつらいと言えます。

⑤夜勤がきつい

自動車工場のライン作業は、夜勤体制の会社が多いです。

若いうちは、元気とテンションで何とかなりますが、年を重ねるとしんどい人が多いです。

昼間に寝られないという人は、非常にきつい仕事になります。

⑥給料が夜勤・残業代に依存している

自動車工場は、夜勤代・残業代のおかげで、高収入を得ることができます。

逆に夜勤と残業が0になると、他の仕事と給料が変わらなくなります。

筆者も一時期、夜勤・残業が無くなったことがありましたが、収入がかなり減ってしまいました。

具体的に紹介します。

夜勤あり・残業ありの場合

  • 基本給:20万円
  • 夜勤手当:5万円
  • 残業手当:5万円
  • 健康保険料や厚生年金の支払い:-8万円

手取り:22万円程度

夜勤なし・残業なしの場合

  • 基本給:20万円
  • 健康保険・厚生年金などの支払い:-6万円

手取り:14万円

このように、手取りに約8万円ほどの差が生まれます。

「もしも不景気で、夜勤・残業が0になったら…」

そう考えると、一生工場で働くのは、リスクが高いと言えます。

⑦他の仕事にスキルを活かせない

自動車工場で身に着けたスキルは、他の仕事で生かしづらいという特徴があります。

もしも、工場以外の仕事に転職したい場合は、他の人よりも不利になる可能性が高いと言えるでしょう。

さらにこれから先AIに仕事を奪われると考えると、もしも会社が倒産した場合に、再就職がきつくなる可能性も高いです。

⑧夏は暑い

工場の環境や職場にもよりますが、夏は非常に熱いです。

これは、工場内で熱を使った作業があることや機械が熱を持つことが理由です。

熱さに弱い方は、かなりきついと言えます。

心配な人は、工場見学の際にチェックしておきましょう。

⑨残業が多い

こちらも時期によりますが、自動車工場は、残業が多いです。

多い日には、残業が3~4時間あるという日もあります。

特に、家族がいる人は、家族との時間が減ってしまうのできついと言えます。

また、疲れもたまるので、体調不良の原因にもなりかねません。

⑩出世してもしなくてもきつい未来

自動車工場は、出世して管理職につかない限り、ずっとライン作業をすることになります。

ライン作業は、中年になってくるとかなりきついという人が多いです。

(実際、先輩方から聞きました。)

また、出世したとしても、かなりの責任感と重圧が待っています。

上司からのプレッシャーや部下の面倒、さらに以上自体への対応と激務です。

さらに、工場から出た不良品は、上司の責任です。

このように出世してもしなくてもきつい未来が待っているのです。

スポンサーリンク

自動車工場で働くメリットは意外と多い!7つ紹介します!

ここまで、自動車工場のライン作業の悪い部分のみ紹介しました。

ただ、どんな仕事にも悪い部分と良い部分があります。

今度は、自動車工場で働くメリットについて紹介していきます。

①上司が定期的に変わる

大きな自動車工場では、2~3年で上司の入れ替えがあります。

上司と仲が悪くなった場合でも、ちょっと我慢すれば、上司が変わるので安心できます。

小さな会社で上司が気に入らないと、我慢して耐え続けるか辞めるしか選択がありませんよね。

上司が定期的に変わることは、自動車工場の魅力といっても良いでしょう。

②貯金できる

自動車工場は、夜勤・残業が多いのに加えて、ボーナスもたくさんもらえます。

なので、年収が平均よりも高くなります。

僕の場合は、入社1年目で年収が400万円くらいでした。

入社5年目では、年収が500万円行きそうでしたね。

また、残業が多いので、飲み代やレジャー代が自然と減ることから、貯金しやすいというメリットがあります。

③大型連休がある

自動車工場は、約10日ほどの大型連休が年に3回ほどあります。

10日あれば、旅行に行ったり気分をリフレッシュできますね。

友達がいないと苦痛かもしれませんが。

④慣れればラク

工場の仕事は、作業に慣れてしまえば非常に楽です。

(もちろん全ての職場には、当てはまりませんが)

単純作業に慣れてしまえば、歌を歌いながら作業したり。

考え事をしながら作業する余裕もあります。

中には、単純作業が好きって人もいるので、そんな人には天職ですね。

⑤部署によっては仕事がラク

運要素が大きいですが、自動車工場の中には、作業がラクな部署が存在します。

物を運ぶだけだったり、不良を目で確認するだけであったり。

身体が弱い人は、このような部署に配属される場合もあります。

暇でもいいから、できるだけ楽な仕事をしたい人は、かなりオススメです。

(運次第ですが)

⑥パワハラがほとんどない

近年の自動車工場は、パワハラの心配がほとんどありません。

なぜなら、近年コンプライアンスがかなり厳しくなっているからです。

ひと昔前では、工場内でのパワハラが頻繁にあったようですが、時代が変わっています。

上司の暴言やプレッシャーが苦手な方には、メリットだと言えますね。

⑦サービス残業がない

自動車工場では、サービス残業がありません。

というより、サービス残業ができない仕組みになっています。

自動車工場は、入場・退場にタイムカードを使いますが、制限時間内に工場を出ないと、エラーが出る仕組みになっている場所が多いです。

(これは、他の自動車工場の人にも確認済みです。)

このような仕組みから、サービス残業をしなくても良いんです!

まとめ

いかがでしたか?

思っていた工場のイメージと違った人もいると思います。

最後に記事の要点をおさらいしましょう。

自動車工場のライン作業がきつい理由
  1. 足が痛い
  2. ニオイがきつい
  3. 出合いがない
  4. 単純作業に飽きる
  5. 夜勤がきつい
  6. 給料が夜勤・残業に依存している
  7. 他の仕事にスキルが生かせない
  8. 夏は暑い
  9. 残業が多い
  10. 出世してもきつい
自動車工場で働くメリット
  1. 上司が定期的に変わる
  2. 貯金できる
  3. 大型連休がある
  4. 慣れれば楽
  5. 部署によっては楽
  6. サービス残業がない

以上です。

今回紹介した、ライン作業のきつさとメリットがあなたに役立つことを祈っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA